« 新しいブログです。 | トップページ | 雪 »

2007年4月 9日 (月)

あらしのよるに

昨夜、放送していた映画ですが、

「あらしのよるに」

というタイトルでアニメーションでした。

何の興味もなかったのですけれど、かわいい絵が気になったので、

見ることにしたのです。

内容は、ヤギの「メイ」と狼の「ガブ」が種を超えて親友になるという話。

あらしのよるに闇夜でお互いを確認しないままに、

次の日再会をする約束をし、合言葉を

「あらしのよるに」

と決め、再会してビックリ!!というところから、話は始まるわけです。

まあ、現実にはありえない話なんだけれど、あってもいいんじゃないかな~

生きていくためには、狼がヤギを襲うのが当たり前だけど、

優しい狼が向こう見ずのヤギと仲良くなり、

お互いの仲間を欺いてでも、一緒にいたいと思い、旅に出、一生を共にしていく。

古い観念だけで、お互いを見てしまう。

見てくれだけで、その価値を決めてしまう。

今の、世の中、そんな感じ。

枠の中で皆と同じ事をしていないと、居心地が悪い。

枠から出ようものなら、とたんに風当たりが強くなる。

実は、この話は、小学校4年生の国語の教科書に載せられたもの。

今の、子供たちは小さくまとまりがち。

皆、同じ考えを持ち、同じように行動する。

大人は、扱いがしやすいかもしれないが、広がりを感じられない。

少しはやんちゃしたほうが、その後の人生の糧になるって!

などと、私は勝手に感想を持った。

泣けるところもあったし、考えさせられることもあった。

吹き替えも、豪華で、楽しかった。

(成宮寛貴・中村獅童・林家正蔵・KABAちゃん・坂東英二・市原悦子・山寺宏一等)

« 新しいブログです。 | トップページ | 雪 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/386608/6036307

この記事へのトラックバック一覧です: あらしのよるに:

« 新しいブログです。 | トップページ | 雪 »