« 動画ファイルの動画形式をiPhone用に変換する | トップページ | iTunesから CDorDVDを作る方法 »

2016年8月30日 (火)

iPhone標準カメラのセルフタイマーのやり方!連写解除について

セルフタイマーの使い方

まずカメラアプリを起動し、画面を左右にスワイプして『写真』か『スクエア』を選択する。

そして画面上部のタイマーアイコンをタップすると『オフ』『3秒』『10秒』と表示されるので任意の秒数を選択してください。

あとは通常通りシャッターボタンをタップすれば、画面上でカウントダウンが始まり時間が来るとタイマー撮影されます。

”iSightカメラ”と”Face Timeカメラ”のどちらのレンズでも撮影可能。

通常の撮影モードに戻す場合は、再度タイマーアイコンから『オフ』を選択してください。

※カメラアプリをマルチタスクから終了させても設定が保存されているので注意。

 

セルフタイマーの特徴

このセルフタイマーは便利な機能ですが、注意すべき特徴がいくつかあります。

LEDフラッシュライトが点滅

iSightカメラ使用時のみ、カウントダウンとともにLEDフラッシュライトが点滅します。

撮影されるタイミングを分かりやすくするために点滅する仕様ですが、目がチカチカして撮影に集中できません。

とくにラスト3秒は点滅が激しくなる・・・。

残念ながら野外での撮影など暗闇では、そうとう目立ちます。

 

10枚連続で撮影される

動く被写体のナイスショットを逃さないための便利機能ですが、容量を圧迫するだけで必要ないという場面も多いです。

普段ならシャッターボタンをロングタップしなければ通常の撮影が可能ですが、セルフタイマー使用時にバーストモード(連写撮影)しないようにする設定項目がありません。

少し手間がかかりますが、撮影したあとで9枚分を消去しましょう。

 

【削除方法】

撮影したら左下のサムネイルをタップ。

(もちろん後日”写真アプリ”から削除することも可能です)

そして下部中央の『選択...』をタップする。

10枚の写真が横並びに表示されるので左右にスワイプして好きな写真を1枚選んだ後『完了』をタップする。

最後に”1枚のお気に入りのみ残す”をタップすれば完了です。 

セルフタイマーで連写させない方法

じつは標準カメラアプリのセルフタイマー撮影で連写させない方法が1つあります。

iSightカメラを使い、尚且つフラッシュ機能をオンにした状態の場合のみ、1枚だけの撮影が可能になります。

『Live Photos(ライブフォト)』機能が付いた機種であれば、オンにすることで連射にならずにセルフ撮影が可能です。

« 動画ファイルの動画形式をiPhone用に変換する | トップページ | iTunesから CDorDVDを作る方法 »

スマホ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/386608/67263681

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone標準カメラのセルフタイマーのやり方!連写解除について:

« 動画ファイルの動画形式をiPhone用に変換する | トップページ | iTunesから CDorDVDを作る方法 »