« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月21日 (金)

スマホから「Facebookの投稿やコメントを削除する」方法

投稿を削除する方法
iphoneから投稿をニュースフィードから削除できない!
ニュースフィードから投稿を消す方法はないので、
自分のプロフィールページ(タイムライン)に、投稿の右上に[V]マークが表示される。
ここをタップして、「削除」をタップすれば、投稿は削除される。
スマホから「Facebookの投稿やコメントを削除する」方法
自分の書き込んだコメントを長押し。
「削除」を選択すると、コメントを消すことができる。
わからなくて 慌てたことがあった!
これで 安心。

全方位写真をFacebookで体験できる「360写真」

パノラマ写真をFacebook「360 Photos」に投稿する方法
パノラマ写真を360 Photosとして投稿するには、あらじめスマートフォンでパノラマ写真を撮影しておく必要がある。
 
①Facebookアプリで写真の投稿を始める
 上部真ん中にある写真をタップ
②360 Photosに投稿するパノラマ写真を選択する
 写真の選択画面が表示される。
 360 Photosに対応したパノラマ写真はサムネイルの右下に球体のアイコンが表示される
 写真をタップして選択し、[完了]をタップ。
③パノラマ写真を360 Photosに投稿する
 写真が選択されたら、投稿文を入力して[投稿する]をタップ
④投稿されたパノラマ写真を拡大する
 写真をタップして拡大表示にしてみる
⑤写真が全画面で表示された
 写真が拡大されて全画面で表示される。
 この状態でスマを左右に動かしてみると、
 体の向きに応じて写真が動き、視線が移動したような状態になる。
 画面の右中央にあるアイコンには現在の向きが表示されていて、
 体の向きに応じてレーダーのように動く。

iOS10にアップデートしてからの問題と解決方法

iOS10にアップデートしてからの問題と解決方法

アップデートしてから良いと思ったことも多いけど
そうでもないところもあるらしい。

まとめて書いてくれているので リンクはります。

2016年10月16日 (日)

指定場所に着くとメモを表示

130321gkeep01

「グーグルキープ」の通知機能を使う。

①リストを入力するには、画面下部にあるアイコンをタップ。
  通常のメモを入力する場合は、「メモを入力」と表示されている部分をタップ。
②メモやリストを入力。
③指のアイコンをタップ。
④「場所」を選択。
⑤住所や施設名などで場所を検索する。
⑥目的の場所が表示されたら、タップして選択する。
⑦指定した場所に着くと、スマホのアラーム音が鳴る。
  同時に通知領域に内容が表示される。
⑧タップするとグーグルキープのアプリが起動して確認できる。
⑨通知領域では、通知に対して「次回」や「後で」も選択できる。
  「次回」…再び同じ場所に来たときに通知される。
  「後で」…再度通知する日時を選べる。
買物を忘れないようにするため いいなぁ~と思います。

どこ止めた~ここ停めた(アプリ)

Unnamed駐車した場所と時間を記録できるアプリ

使い方
①車を止めたらアプリを起動して「現在地登録」をタップ。
②地図上の任意の場所を駐車位置として登録するには、地図上でロングタップ。
③その場所に表示されるバルーンのアイコンをタップすると、吹き出しに経過時間が表示される。
④これをタップし、カメラのボタンをタップ。
⑤より見つけやすくするため、写真を撮ることが出来る。
⑥駐車場に戻ったら、アプリを起動して「コンパス」のアイコンをタップする。
車がある方角と距離がわかるので、そちらへ向かって歩けばよい。
⑦画面の上部で撮影した写真と、地図の表示を切り替えられる。
※駐車位置のバルーンをタップし、表示される吹き出しをタップ。
 画面右下の「i」をタップ。
 「地図起動」をタップすると、「グーグルマップ」で経路を表示できる。
これも便利そう…
今度 駐車場で試してみよう。

移動経路を記録するIOSアプリ…僕の来た道

Screen696x696_3 アプリを起動して「Start」タップ。

記録を中止するには「Stop」を押せばよい。
「履歴一覧」から、見たい日付けを選択すると、当日の行動がわかる。
Iphoenにおいてgoogle マップのタイムラインが使えないのでこれを使ってみようかと思う。
使い勝手は後日追記します。

iphone タイムラインの使い方

現在、iPhone や iPad 向け Google マップアプリでタイムラインを表示することはできない。

iPhone または iPad の場合は、パソコンでタイムラインを確認する。

タイムラインを作成する

タイムラインは、現在地情報、検索履歴、閲覧履歴の情報を使って作成される。

タイムラインを作成するには、スマートフォンやタブレットの位置情報サービスとロケーション履歴をオンにする必要がある。

ロケーション履歴をオンにすると、ユーザーが Google アカウントにログインしていたときに訪れた場所に基づいて情報が表示される。

タイムラインを作成する手順は次のとおり。

位置情報サービスをオンにする

位置情報サービスをオンにすると、iPhone や iPad の位置情報がご利用のアプリと共有される。

位置情報サービスをオンにする手順は次のとおり。

  1. Google アプリ をインストールしていることを確認します。
  2. 設定アプリをタップします。
  3. [プライバシー] 次へ [位置情報サービス] をタップします。
  4. 位置情報サービスのスイッチがオンであることを確認します。
  5. [Google] 次へ [常に使用] の順にタップします。

ロケーション履歴をオンにする

ロケーション履歴は、Google アカウントにログインしているすべての端末からの場所データの履歴を保存する機能。

  1. ロケーション履歴の設定ページを開く。
  2. [有効にする] をタップする。
パソコンで操作
訪れた場所を表示する
  1. Google マップを開く。
  2. モバイル端末で使用しているのと同じ Google アカウントでログインする。
  3. 左上でメニュー メニュー をクリック。
  4. [タイムライン] タイムライン をクリック。

  ヒント: 最近訪れた場所を表示するには、メニュー メニュー 次へ [マイプレイス] 次へ [訪れた場所] の順にクリック。

別の日付に移動する

  1. 上にある日付をクリック。
  2. 表示したい日を選択。

  注: 上部には、移動距離やある地点から別の地点への移動方法(徒歩、自転車、車、公共交通機関など)が表示される。

タイムラインを編集する

タイムラインに表示されている場所や時間が間違っている場合は、それらの情報を編集できる。

  1. パソコンでタイムラインにアクセス。
  2. タイムラインで変更する場所を見つけて下矢印をクリック。
  3. 正しい場所を選択するか、検索ボックスで場所を検索。
  4. 訪れた時間を編集するには、時間をクリック。

写真を削除する

Google フォトにアップロードした写真がタイムラインに表示される。

Google フォトの写真は残したまま、タイムラインから写真を削除できます。

  1. パソコンでタイムラインにアクセス。
  2. 削除する写真の右上にあるチェックマークをクリック。
  3. [写真を削除] を選択。

1 日分のデータを削除する

選択した日付から場所データを削除できる。

場所データを削除するとそのデータは完全に削除されるため、ユーザーや Google が再度アクセスすることはできなくなる。

  1. パソコンでタイムラインにアクセス。
  2. 削除する日付をクリック。
  3. 左側のパネルの右上で、[削除] 削除 をクリック。
  4. [1 日分をすべて削除] を選択。

ロケーション履歴をすべて削除する

ロケーション履歴データをすべて削除できる。

場所データを削除すると、ユーザーや Google がそのデータに再度アクセスすることはできなくなる。

ロケーション履歴を削除する手順は次のとおり。

  1. パソコンでタイムラインにアクセス。
  2. 右下で [削除] 削除 をクリック。[設定] 設定 をクリックしてもOK。
  3. [場所の履歴をすべて削除] を選択。

ロケーション履歴をオンにする、一時停止する

ロケーション履歴をオンにすると、Google アカウントにログインしていたときに訪れた場所が記録される。

ロケーション履歴をオンにしたり一時停止したりする手順は次のとおり。

  1. パソコンでタイムラインにアクセス。
  2. [設定] 設定 次へ [ロケーション履歴を有効にする] または [ロケーション履歴を一時停止] の順にクリック。

2016年10月15日 (土)

iPhoneの物理ホームボタンを使わずにホーム画面に戻る方法

Assistiv Touchの使い方

iPhone(iOS)の「設定」から機能をオンにします。

「設定」を開き「一般」から「アクセシビリティ」を開きます。

Assistive Touchを開いてオン(右側の緑色)にすると、画面にぼんやりと白いボタンが表示されます。

「ホーム」ボタンをタップすると、どのアプリ画面からでもホーム画面へ戻ることが出来ます。

こんな使い方が便利

さらに2本指を使った画面のピンチインやピンチアウト、写真アプリのズームなどもジェスチャ機能で割り当てることができるので、片手しか使えないっていう場面では大いに活躍してくれます。

Assistive Touchを開いて「デバイス」から「その他」→「ジェスチャ」を選ぶことで、2本指を使ったピンチイン、アウトなどの設定ができます。

そしていつでもAssistive Touchのオン・オフを切り替えられるようにするにはホームボタンのトリプルクリック(ホームボタンを3回すばやく押す)を割り当てることもできます。
「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「ショートカット」からトリプルクリックに「Assistive Touch」の割り当てが可能です。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »