日記・コラム・つぶやき

2016年4月26日 (火)

たくさんの月日が流れてしまいました。

こんばんわ。

最終記事からずいぶん経ってしまいました。
長いこと 置き去りにしてしまって…
パソコンに届いていた niftyからのメールの配信を止めたくて
試行錯誤していたところ このブログがあることを再確認しました。
すっかり忘れていました。
IDもPWもすっかり忘れてしまっていて…
登録の時にプリントアウトしていたものがあったので
どうにか ログインすることが出来ました。
最後に投稿したのが2008年。
ずいぶん時が流れたものです。
息子も親になり 孫と戯れることが楽しみになりました。
定年まであと3年。
色々 考える事も多くなりました。
終活なんて まだまだ…と思っていましたが
積極的ではありませんが うっすらと考えていたりする今日この頃です。

2007年12月21日 (金)

クリスマス会

こんばんわ~
昨夜は職場のクリスマス会でした。
街はずれの小高い所にある結婚式場の中のレストラン。
お天気が良くて、雪も降らず、夜景はとてもキレイでした。

お食事もよかったですよ~

 ☆フランス産ブリーチーズ パンノアと枝付きレーズン添え

 ☆日本海沖寒ブリの炙り焼きとカルパチオ サラダ仕立て

 ☆上富良野産地養豚とナッツのインボルティーニ

 ☆魚介のパエリア

 ☆積丹沖真カスベのマスタード焼き ソースプッタネスカ
   イタリア風野菜のマリネ添え

 ☆知床産地鶏とキノコのフリカッセ 
   温野菜とゴボウのフリチュール

 ☆ファリーナ特製ドルチェ盛り合わせ

 ☆自家製パンとコーヒー

ビンゴもしました。
私、1番でビンゴでした。黒のファー付き革手袋、頂きました。
少々、飲み過ぎてしまいました。
夫に迎えに来て貰い家に着いてすぐに倒れ込むように寝てしましました。
今日も、午前中は今ひとつ調子が良くありませんでしたね。
Photo

写真は、中庭にあったツリーを写してきました。
とても、大きくてキレイでした。

2007年4月13日 (金)

風水

風水
ってどう思いますか?
私は、いいというのなら取り入れてもイイと思う程度です。
でも、がんじがらめにはなりたくない。
絶対に…黄色い財布も持ちたくない(それって、違う話だったかな)
運気があがるのなら、ちょっとやってみようかなっていうのがあったから、
実行してみようかな。
 【玄関】
  ・たくさんモノを置かない
   運気の流入が、モノによって阻まれる。
  ・生花を飾る
   運気は生気のあるものに向かってくるので効果的。造花やドライフラワーは×。

 【トイレ】
  ・常にフタをおろしておく
   下水から上がってくる悪い運気を閉じ込めるために、常にフタはおろしておくべき。
  ・スリッパを置く
   トイレは、ただでさえ陰の気が多い場所。生活する部屋とは区別をする。

 【サイフ】
  ・サイフが持つ運気は3年
   あまり長く使い続けると、金運が消耗していく。
  ・レシートや不要なカードは、ためこまない。
   不潔だったり乱雑になっていると、お金が嫌がって逃げていく。

総じて、当たり前のことだったりして…

だけど、なかなか出来そうで出来ない今日この頃です。

2007年4月12日 (木)

今朝から、雪が降っている。

今年は、なかなかあったかくならないような気がする。

うちは、早々と、タイヤ交換をしてしまった。

今朝の雪は、ちょっと、引いたね。

でも、まあ、大丈夫か…真冬でもないから、ゆっくり行けば大丈夫。

さすがに、通勤の自転車はやめたほうがいいね。

少し、風を切って走ると、耳が切れそうなくらい痛い!!

もう、少し、後になって、自転車を楽しめるようになったら、こぎ出そうかな!

2007年4月 9日 (月)

あらしのよるに

昨夜、放送していた映画ですが、

「あらしのよるに」

というタイトルでアニメーションでした。

何の興味もなかったのですけれど、かわいい絵が気になったので、

見ることにしたのです。

内容は、ヤギの「メイ」と狼の「ガブ」が種を超えて親友になるという話。

あらしのよるに闇夜でお互いを確認しないままに、

次の日再会をする約束をし、合言葉を

「あらしのよるに」

と決め、再会してビックリ!!というところから、話は始まるわけです。

まあ、現実にはありえない話なんだけれど、あってもいいんじゃないかな~

生きていくためには、狼がヤギを襲うのが当たり前だけど、

優しい狼が向こう見ずのヤギと仲良くなり、

お互いの仲間を欺いてでも、一緒にいたいと思い、旅に出、一生を共にしていく。

古い観念だけで、お互いを見てしまう。

見てくれだけで、その価値を決めてしまう。

今の、世の中、そんな感じ。

枠の中で皆と同じ事をしていないと、居心地が悪い。

枠から出ようものなら、とたんに風当たりが強くなる。

実は、この話は、小学校4年生の国語の教科書に載せられたもの。

今の、子供たちは小さくまとまりがち。

皆、同じ考えを持ち、同じように行動する。

大人は、扱いがしやすいかもしれないが、広がりを感じられない。

少しはやんちゃしたほうが、その後の人生の糧になるって!

などと、私は勝手に感想を持った。

泣けるところもあったし、考えさせられることもあった。

吹き替えも、豪華で、楽しかった。

(成宮寛貴・中村獅童・林家正蔵・KABAちゃん・坂東英二・市原悦子・山寺宏一等)

2007年4月 8日 (日)

新しいブログです。

さっそく、新しいブログを作りました。

まだ、だれにも、教えていませんので、誰も来ることもなく、

さみしいですが、そのうちに広がっていくものと思って

ぼちぼち書いていきます。

その他のカテゴリー